ブラッドサッカー - 2017サイクスCB #2


  • 非売品
  • 性別: メス
  • 公開日:
  • 更新日:

Features

Description

ブラッドサッカーというモルフは「吸血鬼」を意味します。
最初にその情報があったからというのもあるかもしれませんが、確かに怪しい風貌が吸血鬼を連想させてくれます。

マックスノーとベルアルビノの効果か、尻尾は非常に白く体色は非常に鮮やかでとてもお気に入りの個体です。

書籍からの情報
エニグマとベルアルビノはコンボ化することによって斑紋が乱れたり、虹彩や目の周囲が赤く染まったりします。
この減少に注目されていますが、ブラッドサッカーはそれにマックスノーを加えたモルフです。

ベルアルビノとエニグマの影響で褐色の斑紋が細かく乱れ、コショウを散らしたようになっている部分が多いです。

目は血走ったような色合いで、ブラッドサッカー、つまり吸血鬼を連想させるような怪しい風貌から名付けられています。

出典: 誠文堂新光社 「ヒョウモントカゲモドキ」 P.105

成長過程

2017/09/01

購入日に撮影です。アルビノが入っているモルフはベビーの時期は透き通る様な肌をしていて本当に綺麗です。


51f564a2-d694-4df5-94ba-4213534eac5d

2017/09/10

約10日後ですが、この頃はまだ透き通るような肌をしています。


3e2d4bb9-8da6-4fb0-ad45-46dc1c045a26

2017/09/15

この頃から透明感よりも、しっかりとした黄色みやオレンジが出てきています。


c3684087-c2b3-4c51-aaaf-3d2601f29530

2017/09/22

この頃の色味から、現在までは大きく変化していないです。どんどんと「ベルアルビノらしさ」が表現されていく感じでしょうか。


6e042299-3bfc-486c-9e06-38838fc24a47

2017/11/01

大きな変化はない物の、黄色やオレンジが濃くなっていっています


5322b557-18fc-445e-acd6-32da594adb1a

Related Reptiles

イエローマーブル

ガーゴイルゲッコー

レッドマーブル

ガーゴイルゲッコー

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

スーパーマックスノートレンパーアルビノマーフィーパターンレス

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ