Wild Caught Bloodline #53


  • 非売品
  • 性別: メス予定
  • 公開日:
  • 更新日:

Features

  • ♀ × ♂
    Fascio × Fascio
  • 累代, 近交係数
    F1, F ≧ 0.125
  • 孵化温度
    28°C, Female ≒ 80%
  • 孵化容器
    自作簡易孵化容器
  • 産卵日
    5/25/19
  • 孵化日(孵化日数)
    2019.July.25(61 Days)
  • 上記項目の説明はこちら

Our Solutions

Lineage

この個体の4代血統図です。現在は最大4代前までの血筋を登録・確認する事ができます。

Description

GeckoboaのFascioのペアから得られた個体です。

FascioはEublepharis macularius fasciolatus GÜNTHER 1864のワイルドコートブラッドラインとなりますが、GeckoboaのEublepharis Species - GeckoBoa Reptilesには以下のようにあります。

Although I believe they are of pure descent, to what extent, is not exactly known. For that reason I typically call them by their nicknames rather than their binomial scientific name (i.e., Fascio instead of E. m. fasciolatus).

私は彼らが純粋な子孫であると信じていますが、どの程度まで正確に知られていません。そのため、私は通常、それらを二項の学名ではなくニックネームで呼びます(つまり、E. m. fasciolatusではなくFascio)。

よってGeckohocliでもこれに則り`Fascio`と記載しています。

追記
FascioというニックネームはGeckoBoaの商品名かもしれない?と気が付きました。確定は出来なかったのですが、記載名をWild Caught Bloodlineに変更しました。

Siblings

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Related Reptiles

レッドマーブル

ガーゴイルゲッコー

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

スーパーマックスノートレンパーアルビノマーフィーパターンレス

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

ヘイルストーム

ヒョウモントカゲモドキ