• 保留中
  • 性別: オス
  • 公開日:
  • 更新日:

Features

  • ♀ × ♂
    ハーレクイン × レッドリリーホワイト
  • 累代, 近交係数
    F1, F ≒ 0.0
  • 孵化温度
    21°C, Poss Female
  • 孵化容器
    三菱CN-25C
  • 産卵日
    2019.May.18
  • 孵化日(孵化日数)
    2019.Sept.04(110 Days)
  • 上記項目の説明はこちら

Our Solutions

Lineage

この個体の4代血統図です。現在は最大4代前までの血筋を登録・確認する事ができます。

Description

レッドリリーホワイト X ハーレクインの交配によって得られた個体です。Geckoholicでは2個体目のリリーホワイトの卵から孵化した個体です。

ハッチ時は一個体目とあまりにも見た目が違うため1個体目がリリーホワイトが遺伝している可能性高く(断定はまだ出来ない)、この個体はリリーホワイトが遺伝している可能性が低い(断言は出来ない)のかな?と思ったら、二日目朝見ると脱皮前だからかやたらと白く...

取り敢えず8卵全部孵り、ある程度育てるまではリリーホワイトの確定は難しそうです。

Poss表記について

現在はPoss 50% リリーホワイトとしていますが、数ヶ月様子を見る事で確定出来ると思われます。

[翻訳] リリー・ホワイト プロジェクトで翻訳しましたが、作出元のLillyexoticsも成長に伴い見た目で判定できるとしています(勿論判断が難しい場合はPossを外しません)。

表現について

Twitterでフォロワーさんに言われるまで気が付かなかったのですが、タイガーですねこの子。実はタイガーは実物を見たことが無かったので、言われるまで全く気が付きませんでした。

という事は、一個体目を「ハーレクイン」としているのも間違っているのか...((悩))

障害について

卵を低温管理したことで孵化日数110日という長い時間を要しました。TSDでメスになる筈です。

[翻訳] リリー・ホワイト プロジェクトで翻訳しておりますが、リリーホワイトの障害は(特にクラッチしてから最初の数週間の)卵の管理温度が高いと起こる事があるそうです。この障害を回避する為の低温管理となります。

我々はインキュベーションの最初の4週間における高温が潜在的なトリガーであり、より低温のインキュベーション温度がこの問題を最小化または障害を排除する可能性があると考えている。当社の顧客は今ではかなり多くのリリー・ホワイト種を育てており、神経学的な問題を一度も経験したことがない人もいます。

また成長過程で発症する事はないとの事なので、本個体は神経障害が確認されておらず無事に回避出来たと考えられます。

幸いなことにこの障害は非常に稀な副作用であり、猶且つ成長過程で発症する事はなかった。障害の有無は孵化した時点で判別できる。私達は18ヶ月から8歳までのリリー・ホワイトの大人を何匹も所持しているが、孵化時に障害が発生していなかった個体が後に障害を起こした事はありません。

Siblings

フレイム

クレステッドゲッコー

フレイム

クレステッドゲッコー

レッドリリーホワイト

クレステッドゲッコー

ドリッピーリリーホワイト

クレステッドゲッコー

ハーレクイン

クレステッドゲッコー

レッドアンドイエロータイガー

クレステッドゲッコー

Related Reptiles

レッドマーブル

ガーゴイルゲッコー

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

スーパーマックスノートレンパーアルビノマーフィーパターンレス

ヒョウモントカゲモドキ

Wild Caught Bloodline

ヒョウモントカゲモドキ

レモンゴーストスーパーコンダ

セイブシシバナヘビ