ガーゴイルゲッコーとクレステッドゲッコーが来た

クレステッドゲッコー(Correlophus cilliatus)とガーゴイルゲッコー(Rhacodactylus auriculatus)を迎え入れました。

ガーゴイルゲッコー

b0de596d-9e2d-48de-824c-9f3f7154f40a

オスです!ガーゴイルゲッコーはオスが少ないのですが、ガーゴイルゲッコーのブリードも挑戦するか〜とオス探し出して見つけました。
しかも黒金のめっちゃ好みの個体です。
やばい、格好いい!!!

写真は金が多めですが、お店で見た時はもっと黒かったです。
多分これで色が飛んでいる状態なのかな。

MAX発色時は真っ黒で斑に金色が映えている感じでした。
ちょっとわかりにくいけど、パックされてたときのほうが黒いですね↓

6a6b3ff7-d9f4-4638-b3c1-fca1ea637142

モルフ的にはマーブルになるようです。
オレンジマーブルとかじゃなくてこの黒〜金はすんごい格好いいですね。

「金」と書きましたが多分イエローとかグリーンに近いんですかね?
どの色素胞の組み合わせでこういった発色をするのか気になる所です。

レオパには無いですが、虹色色素胞が純粋な緑や色々な色に関係するのでそっち系なのかな〜とか。
確実にポリジェネでしょうから、なるべく似た発色のマーブルのメスを探したい所です。

もう育ちきったオスなので、取り敢えずマーブルのメスと掛けてこの個体を目指していく!というのも良さそうですね〜。

クレステッドゲッコー

97ad0ba8-2f8c-4f39-ba85-76e218fe8ccb

そしてクレスのオスの相手が欲しいな〜とメス探してたら居たので一緒に迎えました。

若干赤系寄りの、軽い表現のダルメシアンですかね?
ダルメシアンです!と主張するにはちょっと弱いですが、多分一応ダルメシアン。

クレスはガーゴと逆でオスが多くてメスが少ないです。
なのでうちのオスと表現結構違いますが、取り敢えずメス!!!とお迎えしました。

レオパっぱに続き、カメリアーナカベカナヘビ、クレス、ガーゴとブリードする種が増えてきました。
楽しみですねー!