人気コンテンツ

最新のWiki

オバケトカゲモドキ


編集履歴

オバケトカゲモドキ(Eublepharis angramainy)はトカゲモドキ属の中ではダイオウトカゲモドキ(Eublepharis fuscus)に次ぐ大型種です。近年まで名前のみが広く知られていましたが、写真等は非常に限られたトカゲモドキでした。2000年代後半頃に海外で繁殖が軌道にのり、2010年に初めて国内へ入荷しました。

学名と別名

学名 Eublepharis angramainy(ANDERSON & LEVENTON, 1966)
英名1 ウェスタンレオパードゲッコー(Western Leopard Gecko)
英名2 イラニアンレオパードゲッコー(Iranian Leopard Gecko)
トルコ名1 Leopard keleri
トルコ名2 Ulfa Keleri

分布

イラン南西部ザクロス山脈南西~西側地域、イラク北東部、シリア東部、トルコ南東部ティグリス川およびユーフラテス川の上流地域
出典: CREEPER No.79 2018 P54

特徴

ヒョウモントカゲモドキに比べ体長が大きくなります。
以下はオス、メスの頭胴長と尾長になります。
括弧内の数値は、比較し易い様にヒョウモントカゲモドキの数値を記載しています。

性別 頭胴長 尾長
オス 142~170mm(110~158mm) 97~125mm(~97mm)
メス 126~148mm(109~127mm) 86~98mm

ロカリティ

オバケトカゲモドキは現在、主に以下の三つのロカリティ(採集地)となります。

現在はフーゼスターンの中でも更にマスジェデ・ソレイマーンチョガ・ザンビールが分けられるようになりました。

  • イーラーム州(Ilam Province)
  • ケルマンシャー州(Kermanshah Province)
  • フーゼスターン州(Khuzestan Province)
    • マスジェデ・ソレイマーン(Masjed Soleyman - Khuzestan Province)
    • チョガ・ザンビール(Chogha Zanbil - Khuzestan Province)

販売時や会話では上記のロカリティから「イーラーム(又はイーラム)」「ケルマンシャー(又はケルマンシャ)」「フーゼスターン(又はフゼスタン、フーゼスタン、フゼス)」と呼称される事が多いです。

国内への流通は現在はフーゼスターンが最も少ない様です。
流通当初はケルマンシャーとイーラームが区別されずに流通しましたが、後に区別して流通されるようになったとの事です。

それぞれのロカリティの画像は、Eublepharis Species - GeckoBoa Reptilesで確認することが出来ます。

ケルマンシャーの特徴

ケルマンシャーは州全体の標高が高く、州都ケルマンシャーの標高は海抜1420mになります。
ケルマンシャーで採集された個体と、そのWCBは体色の色調が非常に明るく、体色は黄色や白が基調色となります。

GeckoBoaのJhonも「私はこの種の中で、彼らが最も美しいロカリティだと感じる(In my opinion they are the most beautiful localiti of this species.)」と、上記したページ内に記載しています。

体型は細身で四肢が長く、山岳部という棲息環境を反映しているのかもしれません。

体長に関して

ただし、体長に関しては

On average they don't tend to get quite as large as some of the other provinces, but still can reach an impressive size as adults.
平均的には、他の州と同じくらい大きくなる傾向はありませんが、それでも大人として印象的なサイズに達することができます。
出典: Eublepharis Species - GeckoBoa Reptiles

という意見の他に、

...他の地域の個体に比べると非常に大きく見える。
出典: CREEPER No.79 2018 P56

という食い違う記載があるので、個体差が大きいのかもしれません。

イーラームの特徴

州の東にザクロス山脈があり、州全体も丘陵地や山岳地が占める。

独特の軽い色調で、黄色の体色の面積が多い個体が多い。
Eublepharis Species - GeckoBoa Reptilesによると、以下のような特徴があるようです。

  • 「私の個人的なお気に入りの一つであり、アダルトは信じられない程のサイズに達します(Ilam angramainyu are one of my personal favorites, reaching incredible adult sizes.)」
  • 「大きなオスは12インチに達します(The larger males reach 12in+.)」
  • 「このロカリティは最も長く、最も多産のようです(This locality seems to be the longest and most prolific.)」

フーゼスターンの特徴

フーゼースターン州は三つの地域の中では最も標高が低い州です。
体格も他の2地域と比べてガッチリとしており、低地型と呼ばれる事もあるようです。

体色は特徴的なダークブラウンの色合いと、強い黄斑を持ちます。

フーゼースターン州の中でも更にロカリティが2つに別れます。

このロカリティとヒョウモントカゲモドキの生息地が重なっており、交雑についての論文が発表されています。
この論文は本サイトの異なる2種のレオパードゲッコーによる実験的異種交配で翻訳作業をしています。

マスジェデ・ソレイマーン

チョガ・ザンビール