ハイポタンジェリン


編集履歴

ハイポタンジェリン(Hypo Tangerine)はヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のモルフ(品種)の一つです。

ハイポタンジェリンの特徴

ハイポタンジェリンは多因生成遺伝という選択交配によって生まれたモルフになります。

ハイポとはハイポメラニスティック(Hypomelanistic)の略で、黒い斑点や地色のくすみが減少している個体を指します。

スーパーハイポはスーパーハイポメラニスティックの略で、より黒いスポットの数が少なく、胴体部分には黒いスポットがほぼ無いか全くないものを指します。
ですが区別するための厳密な基準はありません。

またこのモルフに使用されるスーパーは、スーパーマックスノーなどの共優性遺伝のスーパー体という意味ではなく凄いという意になります。

ハイポタンジェリンはタンジェリンで且つ、斑点やくすみのすくないモルフになります。
地色が美しいオレンジ色で黒い斑点が少ない事が特徴です。

スーパーハイポと同様、胴体に黒いスポットが殆ど無いものはスーパーハイポタンジェリンと呼ばれます。

スーパーハイポタンジェリンだと名前が長いので

  • ハイタン
  • スーパーハイタン
  • SHT(Super Hypomelanistic Tangerine)

と略される事があります。

ただしあまりハイポを効かせない、どす黒い赤い個体も人気があります。


人気コンテンツ

最新のWiki