人気コンテンツ

最新のWiki

スーパーマックスノー


編集履歴

スーパーマックスノー(Super Mack Snow)はヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のモルフの一つです。

スーパーマックスノーの特徴について

スーパーマックスノーはマックスノースーパー体(ホモ接合マックスノー)です。

マックスノーの特徴である「黄色みの減少」がスーパーマックスノーでは、「完全に消失」し白と黒だけの体色になります。
またマックスノーでは出現しない表現として、目が真っ黒になります。

目が真っ黒になる表現はエクリプスと同様ですが、遺伝子的には別物になります。

スーパーマックスノーの遺伝について

マックスノーのスーパー体(ホモ接合マックスノー)であるスーパーマックスノーは共顕性(共優性)遺伝となります。
スーパーマックスノーはホモ接合になりますので、100%の確率でマックスノー遺伝子が遺伝します。

スーパー体について

爬虫類コミュニティでは、しばしばスーパー体という言葉が使われます。
これは共顕性(共優性)遺伝する遺伝子がホモ接合した際に得られる、非常に特徴的な表現型を指します。
ですが遺伝子学ではスーパー体という言葉はありません。

詳しくはスーパー体,優性の法則と拡張のまとめを参照してください.

共優性遺伝と不完全優性遺伝

本来共顕性(共優性)遺伝とは、同一遺伝子座の複対立遺伝子がa/bの様にヘテロ接合している際にお互いの表現型が完全な形で両方確認出来る事を指します。

ですがマックスノーを始めとする多くの共顕性(共優性)とされるモルフはヘテロ接合で不完全な表現型で、ホモ接合で完全な表現型となります。
これは他の複対立遺伝子は関係ないですし、この様なパターンは不完全顕性(優性)遺伝と分類するのが正しいです。

マックスノーの場合はノーマル遺伝子とマックスノー遺伝子が不完全顕性(優性)の関係にあり、マックスノーがヘテロの場合はマックスノーとノーマル遺伝子の中間形質が得られ、マックスノーがホモ接合でマックスノー本来の表現型が得られる事になります。

以下はマックスノーM,ノーマルnと表記しています。

組み合わせ モルフ
M/M スーパーマックスノー(ホモ接合マックスノー) Mの形質が完全に表現型として確認出来る
M/n マックスノー(ヘテロ接合マックスノー) Mとnの優劣関係は不明瞭でどちらかの形質が完全に、もう一方の形質は不完全な状態で確認出来る
n/n ノーマル nの形質が完全に表現型として確認出来る