ヒガシインドトカゲモドキ

ヒガシインドトカゲモドキ(Eublepharis hardwickii)はトカゲモドキ属の中では比較的小さく、また臆病な性格と知られています。

学名と別名

学名 Eublepharis hardwickii(Gray, 1827)
和名 ヒガシインドトカゲモドキ

分布

ヒガシインドトカゲモドキという名前の通り、東インドに分布しているとされています。
採集された地域はインド南東部オリッサ州の近くのようで、インド東部(とその他の地域に)どの程度分布しているかは不明です。

特徴

トカゲモドキ属の中では比較的小さく、臆病な性格です。
また他のトカゲモドキ属に比べ、わずかに低い湿度を好むようです。

雌雄を決めるインキュベーション温度が完全に確立されていないため、繁殖によってオスを得る事が困難とされています。
(現在は判明している可能性がありますが、調査中です)

以下は頭胴長と尾長になります。
括弧内の数値は、比較し易い様にヒョウモントカゲモドキの数値を記載しています。

頭胴長 尾長
110±mm(158±mm) 85±mm(97±mm)